X 線 回折 装置。 蛍光X線分析装置(XRF)とX線回折装置(XRD)

X線回折装置(XRD)|構造解析装置|分析サービス

New DIFFRAC. つまり、ピークの位置と強度から、どんな種類の結晶がどれくらい含まれているかを推定して定性(同定)さらには定量を行います。 図5に屋根材の定性分析結果を示します。 試料の表面や界面の粗さをパラメーターとして与えることができるため、特に粒子や空孔の絶対量が少ない場合や、サイズが小さい場合などに威力を発揮します。 紙に描かれたチャートもデジタルデータに変換できる Bitmap Scan Converterにより、古いデータや他社データの読み込みと比較解析が実現• 原理 結晶に決まった波長のX線を入射させると特定の方向(角度)に強く反射します。 未知物質の同定には、既知物質の回折パターンを集めたデータベースを用いることが多くなっています。 しかし、空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸入すると、肺癌や中皮腫の誘因となることが指摘されるようになり、日本では2006年に一部の例外を除き、原則使用禁止となりました。

もっと

X線回折装置の原理と応用

9k件のビュー• 1 mm以上)と純度をもち、亀裂や双晶形成などの大きな欠陥のない規則的構造を取っているのが理想的である。

もっと

X線回折

これは、各位置で散乱されるX線の光路差が、X線の波長の整数倍になっていると、波の位相が一致するため、波の振幅が大きくなるためである(下記の図を参照)。 X線の発生部は通常が使用される。

もっと

蛍光X線分析装置(XRF)とX線回折装置(XRD)

特に、Seは中にとしての代わりに取り込まれる性質があることから、置換タンパク質の結晶とSeのを使った位相決定はタンパク質X線結晶構造解析で定石となっている。 SUITE ソフトウェア D8 ADVANCE with DAVINCI デザインは、DIFFRAC. 2k件のビュー• またピークの幅は、結晶粒の大きさや結晶の歪みなどに依存する、結晶性によって決まります。 CCD検出器(デジタルカメラに似た装置)を用いると、X線回折データを即座に計算機に読み込み、強度積分、スケーリングなどの統計処理を行うことができる。

もっと