カラー コーディネーター スタンダード。 【カラーコーディネーター検定】スタンダードクラスに独学で一発合格する勉強方法と時間は?

カラーコーディネーター検定試験対策のおすすめテキスト・参考書

UC級は2018年から新設された「ユニバーサルデザイン」に特化した階級になります。 製造業• カラーユニバーサルデザインの考え方• 3級が7,000円、2級が10,000円、1級が15,000円、UC級が6,000円(すべて税込み)となっており、全部受験するとかなりの出費になります。 しかし2級は問題のボリュームも増え、より深い理解を問われるのでもう1冊問題集があったほうが安心出来ます。

もっと

ビジネスに活かせる「カラーコーディネーター検定試験」

そのため色彩検定は、若干服飾関係寄りの傾向があり、ファッション業界に強いと言われている資格です。 カラーコーディネーターの視点 3級 制限時間2時間のマークシート方式の試験で、出題範囲は• このような点を踏まえ、カラーコーディネーターのおすすめテキスト・参考書はこちらになります。 学習内容は楽しいし、今でも配色など参考にすることがあります。 認定講師• 1級:22. 初学者向けです。 表色系と測色方法及び色彩管理の手法• 色をつくり、形をつくる 色材、混色から画像へ• テキストと問題集を繰り返す独学でも合格は可能ですが、独学に不安があったり、効率的に学習を進めたい場合には、資格・通信講座やセミナーなどに参加するのも選択肢のひとつです。 添削問題や質問サポートを利用して、分からない点を講師に聞きながら本番に備えていきます。

もっと

カラーコーディネーター検定試験対策のおすすめテキスト・参考書

その他情報 難易度は? : 近年合格率は1級:36. また、カラーコーディネーター検定も色彩検定と同じく受験資格はありません。 色彩に関して幅広い知識を得ることができるため、 色彩検定で得た知識は、他の色彩系資格を取得する際にも役に立つ可能性が高いと言えます。 インテリア製品の色彩の特徴とカラーコーディネーション• リニューアル後、初めての試験になりますので対策が難しいと思います。 色彩を学ぶことは、仕事に活かせるだけではなく生活をより豊かなものにできます。 東商1級カラーコーディネーター(ファッション色彩)(商品色彩)(環境色彩)、AFT1級色彩コーディネーター、ADEC(全国美術デザイン教育振興会)1級色彩士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 2本文中の重要語句、用語解説、索引の語句は、黒の太字になっています。 アドバンスクラス スタンダードクラスの知識に加え、ビジネスにおける色彩の活用事例など幅広い知識を有している。

もっと

カラーコーディネーター「スタンダード」「アドバンス」の違いは?

だからこそ意識していないことも多いんじゃないでしょうか。 色の効果を活用するために• html) 通信講座には試験合格後の仕事に繋がる支援がある場合もあります。 その点から 生涯学習に合っている内容であるため、受験者の年齢は幅が広いのが特徴です。 色彩の知識があれば商品が使われるシーンを想定したうえで、適切な商品カラーを提案することができます。 はじめて受験する方は、スタンダードクラスから勉強をおすすめします。 アドバンスクラスに不安のある方は、アドバンスクラスとスタンダードクラスの併願をおすすめします。 効果的なプレゼンテーションを生み出すカラーコーディネーション技術• 色の見えの多様性とユニバーサルデザイン• カラーコーディネーター検定を独学や通信講座で目指すなら! icon-hand-o-down 独学で始める!. ちなみにカラーコーディネートに関する通信講座はいくつかありますが、東京商工会議所主催の「カラーコーディネーター検定」ではなく、「色彩検定」、「パーソナルカラリスト検定」を対象にしているものもあります。

もっと