男装 小説。 男装小説一覧(3ページ目)

男装少女のヒミツ【ツイステ】

ユーリは少年ではなく、少女だった。 「だからな」 「大丈夫よ、誰にもばれないから」 「誰にもか」 「私の仕事は何よ」 涼子はここで自分の仕事を話に出した。 よく市井にも顔を出すため、皆から愛されている。 R-15規定要素もそこからです💦 ファンタジー要素はすぐそこですが、異世界要素はしばらく先です。 ジョコンダ・ダンクレット - ストレンジウェイの家政婦。

もっと

男装少女のヒミツ【ツイステ】

クラヴィエはパトリシアを「パトリック」として弟のようにかわいがってくれるが、パトリシアの胸にはクラヴィエに対する淡い恋心が芽生え始め……。

もっと

男装して悪女を地獄に落とす【鬼滅の刃】

だから「十六歳になったら魔術を学ばせてやる」という父との約束を胸に、憧れの魔術学校に入学できる日を心待ちにしていた。 日本語訳書 [ ]• (女性は戦わない物という設定の中で、鎧を付けて戦うと行った緩い基準でも良ければ、もっと色々とありますが・・・・) 中国だと、「花木蘭」が有名です。 その団欒の場でだ、涼子はとんでもないことを言い出したのだ。 第一王女ユリファラ・エレンシア 次期王女として育てられ頭脳明晰で聡明、同時に類い稀なる魔力の持ち主。

もっと

男装小説一覧(3ページ目)

マリアン - 同じく慈善活動家。 「あなた背は高いけれどね」 「いきなり何だよ」 「顔立ちはいいから」 それでだというのだ。 クラマとして男装し騎士訓練場で働き始め、そこで知り合ったユーリス騎士団5番隊隊長と、図書館で知り合ったアルフリード第一王子からの求愛を受けたり、王位争いにも巻き込まれてしまったりと大騒ぎ。 当主代理とはいえ日常的に人前に出なければならない職務があるわけでもなく、普段から男勝りな部分のあるパトリシアだから、「パトリック」としての日々もそつなくこなしていた。

もっと

暁 〜小説投稿サイト〜: 男装の麗人: 第二章

「……馬鹿にしてもらっては困る」 私とカミーユはひとつ。 しかも顔立ちは柔和で髪も綺麗だ、だがその髪は短い。 果たせ婚約破棄!目指せハッピーマジカルライフ!をスローガンに、伯爵令嬢ミュリエルが獣頭の年上侯爵とわちゃわちゃする物語。 志麻友紀さんの作品がお勧めです。 「不思議な感覚だな」 「そう思うのねえ」 「ああ、スカートなんてはじめてはいたけれどな」 赤いタイトのミニだ、上はスーツである。 ヘルトと名乗る女の子が男の子のふりをして何とか生き残りつつ最後は王子様と結ばれる・・・・ え!僕が英雄?として ファンタジー部門で執筆していましたが、書きあがれば恋愛ものになってました。

もっと

男装少女のヒミツ Ⅱ 【ツイステ】

皆様のお勧めを教えてください。 これはヘルトと名乗る断男装の女の子が、国の王子様に見初められ、結ばれる物語です・・・・ 途中不幸もありますが、最終的にはハッピーエンドです。 2019. こちらは愛妾(女性)までいる、徹底ぶりです。 私は女だぞ? 男装王子のシャングリアと、自称ヒロイン他称悪役令嬢。 もういい、こんな城、出て行ってやる!桜はまさかの家出決行!桜の夢、田舎でのんびり子沢山は実現するのか?! アルファ編。

もっと