日本 医療 機器 学会。 医療機器学会

関連ガイドライン

関連学術団体が実施している専門領域別技術認定制度や、各医療機器業界団体が薬事法改正・GVP省令で規定され、実施予定の業界団体認定による医療機器情報担当者や業界団体専門領域別医療機器情報担当者認定制度を否定するものではありません。

もっと

日本医療ガス学会

各種ガイドライン 洗浄・消毒・滅菌 目次 国内• 1)医療機関の医療スタッフにおけるMDIC認定者の役割• 他の専門別認定との協調関係 MDIC認定制度は、関連学術団体や医療機器業界団体の専門領域別認定で不足しがちな医療機器全般の基礎的な知識や技術の習得を支援し補完するためのものです。 また、指定感染症に追加された「新型コロナウイルス感染症」に関する対策や消毒・滅菌法や、日常的に使用される器材などの消毒・滅菌法、低水準消毒薬としてオラネキシジングルコン酸塩などが新たに追加されました。 2017年10月18日(水) 酸素ボンベ誤認事故を受けて、日本医療ガス学会、日本産業・医療ガス協会、日本麻酔科学会の三者による『医療用二酸化炭素ボンベに関する合同協議会』が、平成24年12月19日に開催されました。

もっと

一般社団法人 日本医療機器産業連合会

刊行物ご注文と発送日につきまして 年末年始の休業(2020年12月28日 月 ~2021年1月3日 日 )に伴い、下記の通り年内発送をお知らせいたします。 ダウンロードは DGKH、DGSV、AKIによって作成された医療機器の自動洗浄及び熱水消毒プロセスのバリデーションと日常的なモニタリングのためのガイドライン 第5版 2017 ドイツの洗浄消毒のガイドラインの最新版です。

もっと

一般社団法人 日本医療機器産業連合会

MDIC認定制度とは MDIC認定制度のねらい 本制度は、医療機器の品質向上、安全性の確保並びに適正使用の普及を目指し、ヒヤリ・ハット情報や不具合情報等を含む情報の収集・提供や医療機器全般の適正な使用および保守管理に必要な知識・技術などの情報を 医療安全管理者・医療機器安全管理責任者や医療機器の 利用者(医師・看護師・臨床工学技士ほか)等と製造・販売・賃貸業者、修理業者を含む医療機器の 製造販売業者等との間で共有し、患者の安全と医療の質向上に貢献できる担当者となる 医療機器情報コミュニケータMDIC(エム・ディー・アイ・シー)を学会で認定し、育成することを目指します。 3 医療機関と製造販売業者等の双方にMDICが配置されることで情報伝達が円滑となり、医療の安全に寄与するだけでなく、お互いの信頼関係も生まれます。 日本医科器械学会(現 日本医療機器学会)より発表された、鋼製小物の洗浄に関するガイドラインです。 医療現場における滅菌保証のガイドライン2015 本学会が作成・編集した滅菌保証のガイドラインです。 すでに、医療法改正により、医療機関においては 「医療安全管理者」の設置および 「医療機器安全管理責任者」の設置が義務付けられるようになりました。

もっと

医療機器学会

2016年4月25日(月). 洗浄評価判定ガイドライン(2012年) 一般社団法人日本医療機器学会 滅菌技士認定委員会. 洗浄評価判定の指針を調査・作成するための検討WG.洗浄評価判定ガイドライン(2012年). 日本医療機器学会 滅菌技士認定委員会(委員長:小林 寬伊)内の「洗浄評価判定の指針を調査・作成するための検討WG」より発表された、洗浄評価判定ガイドラインです。 本年度中の改訂を予定しています。 2010年に日本医療機器学会から発表された「医療現場における滅菌保証のガイドライン2010」の改訂版です。 なお刊行物の「至急発送」、「来会購入」につきましては引き続き受付を中止とさせていただきます。 MDICの定義と役割 医療機器の基本的な適正使用および関連する技術情報に必要な知識並びにコミュニケーション力を有するとともに、ヒヤリ・ハット、不具合情報等の医療機器に関する安全性情報の収集、あるいは提供の資質を有する者で、MDIC認定セミナーを受講し、検定試験に合格した者から、認定の申請があった者をMDICとして認定します。 。 ダウンロードは 軟性内視鏡における洗浄及び消毒に関する専門職標準手引き書 2017年度版バージョン4. 厚生労働省や製造販売業者等から当該医療機器に関する技術的な情報を収集することです。

もっと

日本医療検査科学会 第53回大会

銀行振り込みはできません。

もっと

洗浄・消毒・滅菌|各種ガイドライン|学術情報|サラヤ株式会社の医療従事者向けサイト「Medical SARAYA(メディカルサラヤ)」

医療施設における超音波洗浄は国際規格などの標準化がなされておらず、洗浄機序などに誤解が生じつつあることから、各種文献を引用し技術的な補足も加えた「超音波洗浄装置のバリデーションおよび日常管理」、軟性内視鏡の洗浄消毒に用いるAERに主眼を置いた「内視鏡洗浄装置のバリデーションおよび日常管理」、日本で新しく認可された滅菌法として「低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌における滅菌バリデーションおよび日常管理」の3項目が新たに追加された他、日本における滅菌供給業務の水準向上に合わせて勧告の改訂および追加がされています。 MDIC認定セミナーの受講科目と他の専門別認定との協調関係 受講科目 MDIC認定セミナーは、eラーニングシステムを用い「医療概論」「臨床医学」「臨床工学」「医療情報」の4科目を受講していただきます。 van Bargen Henegouw氏のご厚意により日本語版への翻訳と本学会員への配布の許諾を得ました。 そこで日本医療ガス学会では、医療者だけでなく、事務職等にも広く利用していただける研修教材eラーニング「医療ガス安全管理」を作成いたしましたので、ご利用ください。 日本専門医機構共通講習「医療安全」の1単位取得が可能で、受講証を発行します。

もっと