マルチ メディア 振興 センター。 九州ヒューマンメディア創造センタービル運営

上田市マルチメディア情報センター

株 ソフトサービスライフケア• 平成10年9月 電子マネー実験「icash」開始• 技術調査部 ネットワーク及びその利用に関する技術開発、実用実験など• (監事の職務及び権限) 第29条 監事は、理事の職務の執行を監査し、法令で定めるところにより、監査報告を作成する。 ネット利用の安全と未来推進会議• 平成6年11月 マルチメディア異業種交流会発足• 地域の各種団体・企業等が各種会議や講演会等で施設を活用 ビル名 九州ヒューマンメディア創造センター 所在地 北九州市八幡東区東田1-5-7 (JR八幡駅から徒歩5分) 構造規模 鉄骨造/地上7階 PH1階 延床面積 約5,800m 2 建設年 平成11年10月 備 考 1901年に官営八幡製鐵所が建設され、我が国の近代産業発祥の地(東田地区)に立地。 平成10年10月 シームレス・ネットワーク研究会発足• ただし、その職務を行うために要する費用の支払をすることができる。 平成19年8月 「P2Pネットワーク実験協議会」の発足• 当財団では、財団ビルの管理・運営(貸室、駐車場の賃貸及マルチメディアホール、セミナールーム等の貸出等)を行っています。 3 前項の理事長をもって法人法上の代表理事とし、専務理事をもって同法第91条第1項第2号の業務執行理事とする。 管理室• (理事の職務及び権限) 第28条 理事は、理事会を構成し、法令及びこの定款で定めるところにより、職務を執行する。 (顧問) 第45条 この法人に、任意の機関として顧問を置くことができる。

もっと

事業内容・定款

(決議の省略) 第24条 理事が、評議員会の目的である事項について提案した場合において、その提案について、議決に加わることのできる評議員の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、その提案を可決する旨の評議員会の決議があったものとみなす。 株 アクトシステム• 第9章 賛助会員 (賛助会員) 第47条 この法人の主旨に賛同し、後援する個人又は団体を賛助会員とすることができる。 3 評議員は、第12条に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお評議員としての権利義務を有する。 (1)自己又は第三者のためにするこの法人の事業の部類に属する取引 (2)自己又は第三者のためにするこの法人との取引 (3)この法人がその理事の債務を保証することその他理事以外の者との間におけるこの法人とその理事との利益が相反する取引 2 前項の取引をした理事は、その取引の重要な事実を遅滞なく、理事会に報告しなければならない。 施設の利用促進を図り、財団ビルを「人が集まる賑わいの空間」とすることを目指しています。 (評議員の報酬等) 第15条 評議員に対して、各年度の総額が500,000円を超えない範囲で、評議員会において別に定める報酬等の支給の基準に従って算定した額を、報酬等として支給することができる。 印刷してご利用ください。

もっと

九州ヒューマンメディア創造センタービル運営

(事業報告及び決算) 第8条 この法人の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、理事長が次の書類を作成し、監事の監査を受けた上で、理事会の承認を受けなければならない。 平成21年2月 「安心ネットづくり促進協議会」の発足• また、講演会の開催、財団ホームページでの調査研究の成果発表や情報提供なども引き続き積極的に行って参ります。

もっと

上田市マルチメディア情報センター

1か月の医療費が7,000点(70,000円)以上の医療費の請求の際には、「高額療養状況の届」が必要となりますので、印刷してご利用ください。 地域企業などによるマルチメディアソフト制作のための工房 5 セミナールーム• [PDF](約140KB) ユーザID・初期パスワードがわからない場合は、ユーザID・初期パスワードを再発行いたしますので、こちらを提出してください。 18 [PDF](約195KB) 学校の管理下における負傷又は疾病の治ゆ後において、身体に一定程度以上の障害が残った場合に、この障害が学校の管理下において発生したものに相違ないことを在籍校の学校長等が証明するものです。 (議長) 第38条 理事会の議長は、理事長がこれに当たる。

もっと

九州ヒューマンメディア創造センタービル運営

その同意を得る方法について、法令上の様式は規定されていませんが、このたび制度の概要を記載した加入同意書の参考例を作成しましたので、必要箇所(設置者名、共済掛金額、システムに利用に関する記載等)を各設置者様にて適宜修正の上、ご活用ください。 さらには、我々が直面する様々な課題の解決を目指し、データ活用型社会への変革が迫られているところとなりました。

もっと

役員・評議員

平成21年4月 「公共情報コモンズ」の実用化試験サービス開始• 平成12年10月 Eジャパン協議会発足(電子メッセージング協議会とサイバービジネス協議会を統合)• (参考) 2 [PDF](約205KB) 遠足・修学旅行先での傷病で、医療保険者証を提示できなかったなど、医療保険の療養以外の療養(いわゆる自由診療)として受けた場合などに、各々の区分に応じ医師に証明していただくものです。 (議事録) 第43条 理事会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。 理事又は監事の候補者の合計数が第26条第1項に定める定数を上回る場合には、過半数の賛成を得た候補者の中から得票数の多い順に定数の枠に達するまでの者を選任することとする。

もっと

様式ダウンロード

平成20年4月 「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の運用開始• )第121条第1項において読み替えて準用する同法第106条第1項に定める一般法人の設立の登記の日から施行する。 報告書・出版物 [編集 ] 情報通信分野等の調査、研究成果をサイトで公開している。 セイコーエプソン 株 3階• セイコーエプソン 株 5階• これを変更する場合も、同様とする 2 前項の書類については、主たる事務所及び従たる事務所に、当該事業年度が終了するまでの間備え置くものとする。 2 理事長は、法令及びこの定款で定めるところにより、この法人を代表し、その業務を執行する。 第2章 目的及び事業 (目的) 第3条 この法人は、情報通信ネットワーク及びその利用に関する調査研究、技術開発、実用実験、情報の収集、提供及び普及啓発等の活動並びに情報通信、郵便、為替、貯金及び保険の各事業の進展及び国際活動に関する調査研究、情報の収集、提供、海外への情報発信等の活動を行うことを通じて、我が国の情報通信及び郵便等各事業の高度化・高信頼化、国際相互理解の促進を図り、もって、我が国経済社会の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする。

もっと

マルチメディア振興センターとは

理事長 坪内和人(元NTTドコモ副社長)• 近年、周辺には大型商業施設や大手IT企業が進出・集積し、さらに地域が活気に満ちてきています。 平成2年2月2日 財団法人テレコム高度利用推進センター設立• 今後も当財団の活動を通じ、情報通信及び関連産業の高度化・高信頼化、国際相互理解の促進の一助となり、我が国の経済社会の発展と国民生活の向上に寄与できますよう、職員一同、使命感と探究心をもって諸活動に取り組んでいく所存です。 (参与) (参与) 第46条 この法人に重要な職員として参与を置くことができる。 これに所定の事項を記入し、必要に応じ書類を添付して請求します。 半日利用 10,100円~ 3 マルチメディアライブラリー• 3 顧問は、この法人の重要事項について理事長の諮問に応じ、又は意見を具申する。

もっと

役員・評議員

1 [PDF](約238KB) [PDF](約712KB) *裏面に記入方法を掲載していますので、両面印刷をしてください。 ・「東日本大震災特別弔慰金」の請求様式は、 をご覧ください。 (議事録) 第25条 評議員会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。 新入学生の保護者等に制度について説明する際にご活用ください。 災害共済給付制度の概要を記載したものです。

もっと