リィン シュバル ツァー。 テオ・シュバルツァー (ておしゅばるつぁー)とは【ピクシブ百科事典】

エリゼ・シュバルツァー (えりぜしゅばるつぁー)とは【ピクシブ百科事典】

そして黄昏の最終決戦前、息子との闘いを前にして彼は思った—— 「・・・奇跡などこの世には望むべくもない・・・・・ だが、もし私のような者の祈りを女神が聞き届けることがあるならば。 「『 藁の兵 セルヴィトラ 』」 トリガーを起動し、実体のない分身で敵を惑わせる。 17歳になりユミルを離れてトールズ士官学院に入学、後に鉄血の子供達になるの父親とはこの時の学友であったらしい。

もっと

ワールドトリガー 《蒼の騎士》、軌跡の果てに

ふと帯島が頭上を影が横切った事に気付いた。 ちょっとだけ……いや、結構大きな誤解を抱いて。 ちなみにその後エとトヴァルを連れてへ向かった際、トヴァル「だなぁ」 セリーヌ「 胸焼けするわ」 と言わせた。 目を引くのは《明鏡止水》とかかれた掛け軸だ。

もっと

閃の軌跡SS

平民出身だが現在は伯爵の爵位を持つ貴族でもある。 これを確保するためにガロプラを焚き付けレギーを拐かしたまでは理解できる。 ガロプラ遠征部隊の紅一点、ウェン・ソーである。 「クスクス、貴女の双子の妹だけあって焼き餅な所も貴女とそっくりね?」 「……否定はしません。 すなわち、風間隊の面々を。

もっと

エリゼ・シュバルツァー (えりぜしゅばるつぁー)とは【ピクシブ百科事典】

エリゼの得物・レイピアは兄・リィンの影響もあるが、「兄に守られるだけではいけない」という思いからここ数年は帝国最高峰の武人・風御前と称される(の母)が師範を務めるヴァンダール流道場に通って鍛えており、オリエからもその実力は高く評価されるほどである。 ただし現在の相棒であるリィンの意向を汲んで前もって確認した上で 息子のリィンとその仲間達のこれまでの試練に打ち勝った事に対する賛辞の後、獅子心皇帝として、そしてトールズ士官学院創立者として 「 そなたらの礎を築いたドライケルス・アルノールとして命ずる。 根付にアッパーカットをくらわせて10000点没収されなければ今でもランカーだった事は間違いない。 銃撃と剣撃の組み合わせも対処されてしまう。

もっと

ワールドトリガー 《蒼の騎士》、軌跡の果てに

攻防の要たる踊り手をクロウに向けた事で、ラタリコフは太刀川に撃破されている。 それでも彼女がユミルに対してそこまで想ってくれることがリィンにとっては嬉しかった。 それに大砲を撃つ際には、後方に吹き飛ぶのを防ぐためか大刃を地面に突き刺していたが、今回はそれをしていないのだ。 兄弟子にあたる剣聖曰く「 老師から俺以上に有望と聞いている。 深淵の狭間第一結界。 前回防がれたのと同様の状況での砲撃など失敗する。

もっと

閃の軌跡SS

少し失礼いたします」 「……ご迷惑をかけてしまったようですね」 「いえいえ! そんな所も盟主様の素敵な所だと思っていますわ」 この女、盟主と話をするだけでご機嫌である。 ボーダー本部の防衛ではラービットの新型、星の杖のブレードを使うのが何体か現れたらしい。 どちらにも動けるぞと敵方を牽制するために。 ちゃんと家族してるんだなーって。

もっと

【創の軌跡・ネタバレ感想58】呪いリィン君は可哀想・久々のロボバトル

それにしたって、エリュシオンの導き出した答えがわりと、あ……うん……みたいなレベルでびっくりしました。 …この人の曲。 「ーーー壱」 壱ノ型『螺旋撃』 荒々しく渦巻く炎の如き闘気が周囲のトリオン兵を砕く。 「敵戦力の3割が夜凪さんの方に行ってて、指揮官は風間隊が押さえてる……相対的にこっちが楽になるのは当然じゃありませんか?」 「それはそうだが…」 確かに理屈では古寺の言う通り。 最後までのエへの執心を認めなかった。 攻撃しようとする意思を受信し精度の高い回避力を有する。 無駄にレベルが上がりまくり、それ以降の探索が楽になりました……。

もっと

エリゼ・シュバルツァー

関連項目 :シリーズのシスコン主人公つながり。

もっと

テオ・シュバルツァー (ておしゅばるつぁー)とは【ピクシブ百科事典】

後にとの息子と判明する。 に入学したのは実家に戻らず一人で生きて行けるよう道を見出すためなのだが、それが義妹を悲しませる結果となっている。 けれども少し遠い場所では戦争が起きている……いつの時代も戦争とは悲しみしか生まぬもの。 パトリックへの妨害とか、もうすご過ぎる。 アイドラ越しにヴィザは理解した。 「ーーー伍」 伍ノ型『残月』 居合の構えから放たれる大斬撃は、水面の月の如く。 「……どうしようかしら……いえどうにかできるのかしら」 「……クロチルダさん?」 「ヴィータ?」 あまりの狼狽えようにリィンと、更にはセリーヌまでもが首を傾げている。

もっと