国産 ステーション ワゴン。 人気国産ワゴン車8選|ワゴン車選びに欠かせないポイント5つ!

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(国産車編)【車ニュース】

トヨタの欧州向け車種はシックな内装になっていることが特徴で、オーリスも落ち着いたトーンの色彩で上質にまとめられています。 「ラゲッジアンダーボックスがとても便利で、よく活用しています。 いかにもステーションワゴン然としたカローラフィールダーを凌ぐわけです。 つまり運転が苦手な人や女性でも扱いやすいです。 全高の小さいミニバンもあれば、背高なステーションワゴンも登場しているからです。

もっと

ステーションワゴンはやっぱりかっこいい!国産車ステーションワゴン人気5選!

70年代にワゴンブームが起こっていた? 今なお新鮮なC110型スカイラインワゴン いまでこそ空間重視のユーティリティカーといえばミニバンをイメージする人が多いだろうが、1990年代はステーションワゴンを連想するユーザーが圧倒的だった。 スタイリッシュなステータスとなる「ステーションワゴン」 日本で趣味のクルマとして用いられる場合はSUVが多いですが、欧州ではワゴンを利用することがあるようです。 また ドアの上方が広く取られているので、乗り降りも楽ちん。 既存のFF車のを流用することも容易でコストダウンにもつながるため、1. リヤシートはスバル車としては初めて4:2:4の3分割シートを採用しており、積む荷物に応じて自在なシートアレンジをすることができます。

もっと

日産「ケンメリ・スカイラインワゴン」こそ知る人ぞ知る国産ステーションワゴンの原点

燃料タンクを前席の下に搭載することで、荷室だけでなく後席も広くしてあります。 デザインもとてもいいですね。 」 参考価格 431〜854万円 7.ホンダ シャトル 珍しい5ナンバーサイズのコンパクトさが特徴の、ホンダ シャトル。 アウディ A4アバント アウディ A4と、アウディ A6のには「アバント」のネーミングがつけられます。 しかも荷物を多く積んでも燃費がほぼ変わらない。

もっと

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(国産車編)

ラゲッジルームは、後部座席を使用しているときは、最大412リットルとなります。 走行性能や安全装備は新世代のカローラツーリングが上回るが、後席や荷室の広さは従来のフィールダーの方が上回っている。 FFは設定されていません。 」 「かっこよくて乗っていて気分がいいです。 「とても好きなデザインで、走りも凄く良いです。 ステーションワゴンとは? ステーションワゴンとは、ベースはセダンですが、トランクスペースを広げることで、大量の荷物を乗せることができる実用性と、セダンらしい安定性のある走りを兼ね備えた車といえます。

もっと

ステーションワゴンおすすめ20選~アウトドアに車中泊に最適!人気ランキング2018

タイプ コンパクト(全長3,395・全幅1,475・全高1,755) 最小回転半径 4. 待ってました!と言わんばかりのスバルのステーションワゴンの中でも知名度、人気度の高いモデルです。 2020. 」 「取りまわしが楽だし、走行性も問題なし。 カローラツーリングは海外でも販売されていますが、国内仕様は全長で155mm、全幅で45,mm、ホイールベースが60mmそれぞれ短い国内専用設計となっています。 スバルならではの四駆の設定や、 水平対向ターボエンジンなど、スポーティかつ、スバルの上級車種として、ラグジュアリーな内外装を両立しています。 道路状況が悪い時でもハンドルがぶれることなく安全に運転できるし、加速も良いです。 2012年に発売された現行モデル3代目はマツダの統一デザインを採用、インテリアとエクステリアを一新して先代モデルの面影を残さない変身を遂げました。

もっと

ステーションワゴンとは?特徴や代表車種&ミニバンとの違い

運転席のドライビングボジション確保が容易• パワートレーンは1. 現在流通している車種の設計はセダンがベースのものだけでなく、コンパクトカーをベースにしたものや専用のものも存在し多岐に渡っていますので、選択肢の幅の広さが期待できます。 その中でも、とくに存在感がある4代目のスカイラインワゴンは、真正面からステーションワゴンに向き合った最初の国産車だった。 新世代プラットフォームを採用し、走行性能を大きく高めた他、アイサイトVer3の全車標準搭載、「歩行者保護エアバッグ」を日本車で初採用するなど、安全性も高められている。

もっと

ステーションワゴンおすすめ車人気ランキング!【2021年】最新!

5Lのダウンサイジングターボが搭載されますが、ボディサイズは堂々たる3ナンバーサイズです。 5Lのハイブリッド仕様の2つがラインナップされ、駆動方式はガソリン仕様がFFと4WD、ハイブリッド仕様がFFのみ、トランスミッションはガソリン仕様が5速MTとCVT、ハイブリッド仕様は電気式無段変速機が用意されます。 荷物を運ぶ商用バンの荷室の一部を座席化して定員数を増やした車がワゴンとされ、乗用性能と積載性能を確保してあればその形状は問いません。 先ほど述べたようにブームの牽引車はレガシィ・ツーリングワゴンであることは間違いないが、ブームが起こるはるか前にバンではなくステーションワゴンに特化したクルマが存在していた。 これから国産ステーションワゴンをランキング形式でご紹介させていただきますので、あなたがクルマを選ぶ時の参考にしてみてください。 また、 ドライビングの加速もスムーズで気持ち良いので、街なかなど信号で停まることの多い場面でもストレスを感じません! 衝突回避支援ブレーキや車線逸脱抑制といった、 15個の予防安全機能が搭載されているので、安心してドライブが楽しめますね。

もっと