ひらがな の 成り立ち。 「ひらがな・カタカナ」の成り立ちは?起源を知ればボールペン字がキレイになる!

片仮名

ですのでこの時期にはすでに平仮名は使われていたと考えられます。 やがて中国全土を統一した秦の始皇帝はさまざまな制度を打ち立て、その中には文字の統一もありました。 例えば『安』を崩して書いてできたのが、 『あ』です。 西暦100年成立。

もっと

ひらがなの成り立ちは漢字から分かる

そのあたりは、教師の判断によっているだろうと思います。

もっと

ひらがなの成り立ちは漢字から分かる

「ひらがなの『へ』」も「部」から作られたが、文字全体ではなくカタカナと同じ右側の部分を崩して作られている。 つまり、 ひらがなは文字全体を簡略化した文字。 外国の方は、日本人なら誰でも日本の歴史や漢字について詳しいと考えがちですが、実際はそうではありません。 ですから、ひらがなと比べてみると、カタカナは記号的な性格を持っっているといえるでしょう。 これでは、小学校の先生も困ってしまいかねません。 しかし、 一般向け番組の場合、私としては、<離れるパターン>が間違いであるという訂正を流す必要はないと思います。 たとえば教員養成の大学において、漢字の構造である字体について研究し教える国語学の先生もいたはずです。

もっと

【この差】「ひらがなの『へ』」と「カタカナの『ヘ』」の差

33年()、平安時代から続く平仮名のうち、「小学校令施行規則」の「第一号表」に「48種の字体」だけが示され、以後これらが公教育において教授され一般に普及するようになり、現在に至っている。

もっと

ひらがなの「み」の成り立ち【筆鉛筆の動画】

それが小さく素早く記す必要から字形の省略・簡化が進んだ結果、現在見る片仮名の原型となり、ヲコト点に成り代わって盛んに訓読に利用されるようになった。

もっと