急行 利尻。 宗谷 (列車)

夜行列車資料館-特急「利尻」

車両の老朽化などにより 、(平成29年)に行われたダイヤ改正による運行体系の再編の際、定期運用を終了した。 なお、「なよろ」の列車名は(2年)から旭川駅 - 名寄駅間の快速列車として起用されている(を参照)。 その後、JR北海道と、などが出資するを主体とする、 - 間の高速化改良事業が完成した(平成12年)ダイヤ改正より、宗谷本線を走行する急行列車4往復はすべて特急列車への格上げ・速達化が実施された。 1982年(昭和57年)11月15日からは座席車に14系500番台客車が投入され、1983年(昭和58年)4月25日から寝台車も14系に置き換えられた。 留萠鉄道が臨港線を有していた留萌ではなく、深川に乗り入れたのは、旭川、札幌といった大都市への旅客の移動の利便性確保のためだろう。 平成12(2000)年3月改正で登場し、札幌〜稚内間は急行時代より52分速い最速4時間58分で結んだ。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年8月28日 , 2014年7月5日閲覧。

もっと

主要駅夜行列車時刻表変遷:札幌駅 旭川・釧路・網走方面発車時刻表

(昭和36年)10月1日には格上げと同時に、発着(・経由)で運行されるようになり、(昭和39年)10月1日には経由を室蘭本線から経由に変更の上で、単独運転を開始した。 からは発着• いつもの撮影場所で ナックルカプラーに交換して本日は終了です。 名寄駅 - 稚内駅間は普通列車として運転された。 2000年3月11日のダイヤ改正で特急化され特急利尻となりました。 ぜひ、その時代にいたなら、乗りとおしてみたい列車の一つである。 念のため足にハンダを盛っておきます 新しいテープLEDを仕入れました。 大ミハ持ち故、特ロや食堂車は常につばめ、はととの共通運用で青大将がぶどう色に混じっている。

もっと

【幌鐵局】消え去りしものたち/急行「利尻」

宗谷本線優等列車の特急化推進により00. 島から帰り、夜7時ぐらいから駅に並ぶのですが、夏のシーズンは駅の改札に長蛇の列ができたものでしたね。 ここでは、かつて増毛から札幌まで直通していた優等列車、その名も急行「ましけ」が存在していたことを紹介しよう。 17撮影 08 304D 急行「宗谷4号」 宗谷本線 抜海-南稚内 1992. 急行「利尻」にヘッドマークはなかったと思うんだけど、そんなこともどっちでもいい。 ところで急行利尻に限らず宗谷本線塩狩峠を通過する5輛編成以上の客車列車にはDD53 1かDD51の後部補機が連結されていましたので 模型で再現されると面白いと思います。 (昭和37年)• 多忙より更新が思うように進まないので今回もを。 )間で夜行「 利尻」(りしり)が函館本線・宗谷本線経由で運転開始。 近頃は寝台梯子が当然のように表現されていますね。

もっと

【幌鐵局】消え去りしものたち/急行「利尻」

, 2011年9月16日閲覧。 Back to: Copyright c 2001 BADGER Masayuki Yamadaya , All rights reserved. Rail Magazine 2000-9月号増刊 「JR全車両ハンドブック」p. 2016年現在でいえば、札幌-室蘭間を運転している特急「すずらん」。 初めまして。 自分にとって青春などという、ちょっとこそばゆいことを言わせて頂ければ、高校時代から大学時代までの多感期に味わった稚内や利尻・礼文・天北原野こそわたしにとっても青春そのものだったような気がします。 30撮影 21 304D 急行「サロベツ」 宗谷本線 和寒-東六線 1996. 経由しない深川駅の利用者はで輸送。

もっと

利尻(列車)とは (リシリとは) [単語記事]

札幌に向かう。

もっと

宗谷 (列車)

海を渡ってきたんですねぇ。 日本最北の街・稚内は、当時、日本領だった南樺太の大泊(現・コルサコフ)への国鉄稚泊航路が大正12(1923)年5月1日に開設されたことから、樺太連絡の重要拠点として賑わった。 40系もあれば27系も56系も繋ぐ。 1973年8月の時刻表から紹介したの旭川鉄道管理局版といったところ。

もっと

【幌鐵局】消え去りしものたち/急行「利尻」

4mm位まで連結間隔が縮まったと思います。

もっと

1970年代 北海道鉄道写真 過去時刻表の中へ 時代を映す列車たち

投稿者 D52 468 投稿日 8月20日 火 20時14分29秒 タイトル 急行利尻の後部補機 北の大地様 こちらこそこれからお世話になります。 その行先票に掲げられた駅名はなんと「稚内」。

もっと

KATO 14系500番台 寝台急行「利尻」8両セット 入線

というよりも「区間運転」と呼ぶようなスケールではない。 (平成7年):キハ400系のうち3両をお座敷車に転用する代替として、改造を実施したキハ182形を運用開始。 よほど最初の印象がよかったのか北海道へ行けば必ず稚内に行き、学生時代など周遊券で2週間から20日ほど旅するときは1度楽しんだあと最後の締めに稚内を見て北海道を後にするパターンが多かったような気がします。 報道発表資料 [ ]• 寝台車1両、このころはそこそこ需要もあったように覚えています。 外見のカラーリングがまぁすごいすごい 笑 ただ共通の「国鉄色」であったことだけはよく覚えてます。 「宗谷」は午前に下り(札幌発)1本、午後(稚内発)に上り1本の計1往復が運転され、全区間の所要時間は下り5時間10分、上り5時間11分である。

もっと