ジェット スター 撤退。 ジェットスター・ジャパン、関空の乗務員オフィス閉鎖 冬ダイヤは成田-庄内など6路線運休

カンタス航空、ジェットスターパシフィックの合弁事業から撤退へ ブランドはパシフィック航空に

特集(全22回)の#4では、スペースジェット事業を巡り、社内外に渦巻く「手仕舞い」の危機感を追う。 2019年2月28日• 「Go To トラベル事業」がスタートしましたが、LCCにまでは恩恵が回っていないのも実情ですし、より元々の金額が高いホテルや商品を擁する方が恩恵が大きそうなので、今後もLCCが受ける影響は限定的になりそうな雰囲気。 しかし、1度線路を敷設したら初期投資莫大の鉄道と違い、空路は、飛行機を飛ばすのも撤退するのもハードルが低い。 マレーシアのエアアジアも厳しい状況にあり、日本事業を支えるだけの力はないのかもしれません。 先行したアジア勢も、いまだ中距離LCCの「正解」を見出せていない。 のと、機材や部品の共同購入などで提携した。

もっと

ジェットスタージャパン、6路線の運休を決定!このまま撤退か?

2017年4月12日• シェアは落としていると言え、そもそもベトナム航空業界自体が、右肩上がりな状態であれば、問題はなかったのかも知れませんが、そこにコロナウイルスによる航空業界全体で、需要が急落したコトが、カンタス航空撤退のとどめを刺したのでしょうね。 2017年8月21日• 2016年3月10日 2月• ジェットスター名古屋から撤退!大阪便も一部廃止・変更に 昨年日本に初就航し、話題となったローコスト・キャリア「ジェットスター航空」ですが、親会社カンタス航空の日本路線全面見直し、縮小に伴い、11月いっぱいで大阪(関空)と名古屋発のケアンズ線から撤退することが決定しました。 2018年12月10日 11月• 同社によると、オフィスとしては閉鎖するが拠点は閉鎖しないという。 2016年7月20日• 2011年6月27日• 2019年12月4日• 納入延期は6度にわたり、2年で終わるはずだった型式証明取得のための飛行テストは、いまや6年目に入っている。 2015年5月11日• 2015年1月5日 2014年 12月• 2016年12月16日• エアアジア・ジャパンは、需要の回復を待ちきれずに撤退に追い込まれました。 まずは座席利用率が高い、既存の国内線や短距離国際線に投入する。 日本発着の国際線LCC同士の激しい価格競争が起きている。

もっと

ジェットスター・パシフィック、カンタス撤退で社名変更!

2014年6月9日• 2機 ジェットスター・グループの会社 [ ]• 日本路線は日本人客室乗務員が乗務している。 2016年1月14日• コロナ禍による影響で、来春以降の復活も未定とのコトで、事実上の撤退になると見られます。 2019年11月13日• Jetstar Regional Services Pte Ltd, BRN: 201229688K. 2019年11月22日• 2016年8月8日• 2015年3月29日• 2015年3月25日• ジェットスター・ジャパンの国際線展開は今まで、台北や香港、遠くてもフィリピンのマニラといった、日本から片道4時間程度の短距離路線のみだった。 2013年3月31日• サービス [ ] 乗客の利便のため、ではチケットにサービス料金を組み込まず、希望者にのみ別料金でサービスする。 2016年4月22日• 関西-札幌と那覇の2路線は12月以降の再開は未定で、下地島線は12月25日から2021年1月3日までの年末年始期間は運航する。 2019年11月28日• 2014年8月18日• 2018年5月31日• 2016年8月25日• 冬ダイヤ期間に運休する6路線のほか、11月は成田-鹿児島線と成田-下地島線も運航しない。

もっと

LCCはコロナ禍を乗り越えられるか。撤退増えるなか新規就航も

2018年8月7日• 2015年9月18日• これで2タミを利用する国内線は、「ジェットスター・ジャパン」の福岡・那覇の2路線のみと言うコトに。 2016年8月24日• エコノミークラスのは有料(は機内に無料冷水機を提供)• 西日本新聞 2014年6月27日付• 2017年6月5日 5月• 成田~シドニー線も週9便から7便へと減便が決定しました。 2020年6月5日 5月• 関西国際空港• 8機 (220席)• ちなみに、春秋航空(上海)の2020年6月中間決算は、約630億円の売り上げに対し約80億円の赤字にとどまり、株価はコロナ前の水準を回復しています。

もっと

ジェットスター・パシフィック、カンタス撤退で社名変更!

(中略) 一方、成田空港と関西や福岡などを結ぶ16路線については冬ダイヤでも運航を続けることにしていて、ジェットスター・ジャパンは「利用者の変動に対応できるよう組織の立て直しに注力したい」としています。 「ジェットスター・ジャパン」はを利用していますが、同じく2タミを使用していた。 2015年3月19日• 今回のジェットスターパシフィックの撤退により日本からベトナムまでのLCCは、現在成田と関西から運航しているベトジェットエアの独占路線となります。

もっと

プレスリリース

十分、採算とれるレベルの需要回復が、半年後なのか1年後なのか、まだ予測しきれないから。 対象となるのは、関西空港と福岡、熊本、高知を結ぶ3路線、中部国際空港と新千歳、鹿児島を結ぶ2路線、成田空港と庄内を結ぶ1路線の計6路線。 結局は、外資系と言うコトで、この辺りは日系よりももっとドライと言うのもあるのだろう。

もっと

プレスリリース

2016年4月7日• 2019年4月25日• 2010年2月12日 1月• 2018年12月19日• 同社は日本航空(JAL)が50%の株式を持つ格安航空会社(LCC。 2019年9月20日• 2017年1月16日• 2015年10月19日• 2018年6月14日 5月• 今から確約できないのは当たり前のこと。 中部国際空港を拠点とする格安航空会社LCCのエアアジア・ジャパンが事業の継続を断念すると正式に発表。

もっと

カンタス航空、ジェットスターパシフィックの合弁事業から撤退へ ブランドはパシフィック航空に

簡単にいえば、ピーチは客単価が安いのに儲けているわけで、おそらくは搭乗率が高く、効率的な経営体制になっているのでしょう。 ダイヤは主に半期ごとに大きく変更できるから、冬ダイヤでこのタイミングでの不採算路線は撤退するのが会社経営のためには大事。 2016年7月21日• 2016年6月16日• 2009年9月7日 8月• 2019年1月7日 2018年 12月• 2018年4月24日• 2018年9月26日• 2015年7月31日• どうやって新生「パシフィック航空」と差別化して行くのだろう…と言う気はします。 Acrobat Readerのへ。 現在は国内に全24路線を就航しているが、新型コロナウイルスの影響で業績は悪化。 から運航開始した。 Go To もLCCへの影響は限定的か 一応、「JAL系」とも言われているけれども、基本的に、「ジェットスター・ジャパン」はその名前の通り、オーストラリアのカンタス航空系の「ジェットスター」が母体。

もっと

LCC ジェットスター・ジャパン 国内6路線 事実上撤退方針 発表

2019年5月7日 4月• 2019年8月14日• 2016年9月8日• また、関西~新千歳や関西~那覇は11月中の運休を決め、12月以降は未定です。 2013年4月24日• どちらかと言うと、もう成田に絞ると言う感じなのかな?と。 2017年11月6日• (ベトナム)• 2012年12月14日 11月• 2018年7月13日• 2017年2月2日 1月• 2020年4月6日 3月• 2011年6月3日 5月• Jetstar• 今回ジェットスター・ジャパンが導入する新型エアバス機はあくまで小型機なのに対し、ティー・ビー・エルが採用するのはボーイング製の1万5000キロメートル近く航行できる中型機だ。

もっと