絆 2 シナリオ 設定 差。 バジリスク絆2 設定差まとめ|通常時のBC当選率や同色BC選択率などの重要な数値が判明!

バジリスク絆2 BT中のシナリオ解析|開始画面 継続率 朧・天膳スタート 全員集合|期待値見える化だくお|note

7k件のビュー• (矛盾などがあるため完全リンクではない) ・ 青…昼ステージ ・ オレンジ…夕方ステージ ・ 赤…夜ステージ ・ 紫…駿府城ステージ シナリオ選択率 シナリオ選択率は以下の通り。 良シナリオ=継続しているだけ。 設定 選択率 1 1. 153回転でBC当選。 争忍スタート時の人数が10人のまま勝利すると月下閃滅に突入する。 A…朧「では参りましょう」・弦之介「出立の準備じゃ」• 9枚 タイプ セット管理 1setG数 平均40G 継続システム シナリオ&セットストック バジリスク~甲賀忍法帖~絆2では初代のように継続率管理ではなく、シナリオ管理型となっている。 継続率の数値について、Eは100%との解析で、 Cは試打動画などで50%と言われていますが、それ以外のABDは不明。 「争忍の刻」の4・7・9戦目は、「絆高確」発動の大チャンス!発動しなかった場合は、次回の「追想の刻」が…! また設定6のみテーブル6・7を選択しやすい特徴がある。

もっと

【バジリスク絆2】設定2濃厚台を打ってきました!低設定は偶数でも辛い!?ユニメモ、スランプグラフも公開

キャラセリフ演出で幼少期の「弦之介」や「朧」が登場すると…! AT中楽曲の法則 甲賀忍法帖 歌あり AT継続 蛟龍の巫女 AT継続 愛する人よ死に候え AT継続&上位シナリオ期待度UP ヒメムラサキ 次回朧チャンス突入 月下閃滅中の抽選 月下殲滅中はハズレを含む全役で上乗せ抽選が行われている。 でもすぐに台が空きましたので実践開始です。 通常時の内部状態によりBC当選率は変わりますがやはり 設定4・5だと同色BCに当選しやすかったようです。

もっと

スロï¼

尻上がり+超尻上がりの選択率は下記です。 前作同様に歌付きの曲が流れればAT継続確定だ。

もっと

スロï¼

状態判別やモード判別は完璧にすることは出来ませんが、ある程度推測をしながら打つと設定判別も早くなります。 1%という大きな差が生まれましたね。 また、追想の刻開始時に朧チャンスが発生すれば絆玉獲得高確となり、絆玉大量獲得が期待できる。 かなり緩い立ち回りで まったりと 月10~50万の収支という感じですね。 BTは追想の刻と争忍の刻の2部構成で、継続率はシナリオで管理。 2020年10月5日• 偶数設定で比較すると高設定ほど出にくくなります。 状態移行契機は小役成立(主にチェリー。

もっと

バジリスク絆2 ATシナリオ、シナリオ示唆演出

解析は一切出ていないが、 複数回引けると高設定の可能性がアップするだろう。 2ベースで5が混じっている店や1ベースで4が入っている店等では偶数、奇数の判別は必須ですので、これらの項目もぜひ押さえておくと良いと思います。 モード DでBCに当選すると絆高確付きのBTに当選濃厚。 液晶右下にあるステージ履歴で滞在シナリオを推測できるようだ。

もっと

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2(パチスロ)設定判別・天井・ゾーン・解析・モード・シナリオ・弱チェリー|DMMぱちタウン

2020年2月3日• 設定5の実践値を知り合いから提供していただいたとのことですが、ホール関係の方ということでしょうか? 仮に実際の設定を知り得ない一般客が打った際の推定設定5、ということでしたら設定5と断定する記載の仕方には違和感があります。

もっと

バジリスク絆2 設定差まとめ|通常時のBC当選率や同色BC選択率などの重要な数値が判明!

まったく連チャンしないwww とはいえペースで当選するのなら 2回ほど1000枚クラス出せば それだけで3000枚は越えるでしょw というわけで 結果・・・・! 設定6の真髄を見せてやろう! 僕は現在ネットビジネスや FX等をやっています。

もっと

【バジリスク絆2】設定2濃厚台を打ってきました!低設定は偶数でも辛い!?ユニメモ、スランプグラフも公開

高確時に対応役を引いたとき、BT中の音楽変化などのいわゆる絆の気持ちいいポイントは健在。 見逃さない様に注意しよう。 設定6はとにかくBCに当選しやすい• 各セット開始画面• 2020年12月7日• AT中のシナリオ選択率 前作同様に 契機不明の謎BCには設定差がありそうです。 偶数設定のほうが同色BC時のBT突入率が高く、高設定ほど、通常状態のBCでBTに当選しやすい。 ATシナリオ シナリオは10種存在し、有利区間移行時にセット。 めちゃくちゃ今更やけど、、 紹介 狙い目が一瞬で検索できるラインツール「ENARE@」の友達追加よろしくな。

もっと