カラン ドゥーラ。 JRA藤沢和雄厩舎の超良血馬「異例」の未勝利OP挑戦!? ディープインパクト×エアグルーヴを母に持つ良血馬に「上積み必至」の厩舎事情?

JRA「単勝1.1倍」敗戦にC.ルメールも大ショック!? 超良血カランドゥーラの連敗に見えた「賞金王」モーリスの弱点とは

だが、まさかのデビュー3連敗となってしまった。 祖母エアグルーヴのように2戦目での大きな変わり身は見られるのか……。 良血の初戦に注目だ。 レッドルレーヴは2戦目で勝ち上がり、フラワーC2着と好走した。

もっと

【東京新馬戦】モーリス産駒初Vへ!カランドゥーラ万全 古馬を相手に力強く併入― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

スクランブル出走となるが、鞍上にはC. アフリカをいろいろ旅した人でも、この国にはまだ行っていない方が多いはず。 ラストグルーヴはこれまでキングカメハメハを父に持つ産駒を3頭送り出し、そのいずれも勝ち上がりを決めている。 調教の動きも上々で、初戦からのムードだ。 29日、札幌競馬場で行われた1R・2歳未勝利戦は、2番人気のモリノカンナチャンが優勝。 カランドゥーラの父は新種牡馬のモーリス。 身のこなしがいいしフットワークも大きいので東京は合うと思う」と藤沢和師。 特に今週デビューするカランドゥーラは、走りの柔軟性に富んでいるともいわれています。

もっと

カランドゥーラの血統表

現地でスクーリングを行い準備万端だ。 そのため国民は皆ポルトガル語を話しカトリック教を信仰しています。 兄姉2頭も同師が管理。 きょうだいの中では一番勝ち気な性格だし、マイルくらいでちょうどいいのかも」と手応えを感じている。

もっと

葉牡丹賞 2020 予想

そのためイマイチ決め手に欠けている感がありますね。

もっと

【東京新馬戦】モーリス産駒初Vへ!カランドゥーラ万全 古馬を相手に力強く併入― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

一方、藤沢和師も2歳を2頭デビューさせたが、まだ勝利がない。 未勝利馬としては異例の存在だったので、単勝1. どちらにしても、今回のレースで真価を問われる事となりそうだ。

もっと

JRA「単勝1.1倍」敗戦にC.ルメールも大ショック!? 超良血カランドゥーラの連敗に見えた「賞金王」モーリスの弱点とは

先週の新馬戦では3勝と、ここに来て勢いを増してきたモーリス産駒。 首都ルアンダの町は、アフリカの他の国の首都に比べモダンでおしゃれなのに驚くはず。

もっと

【注目この新馬】カランドゥーラ

博物館にはポルトガルの植民地だった名残で白とブルーの美しいアズレージョ(絵タイル)が飾られています。

もっと

【注目この新馬】カランドゥーラ

そのモチーフにキリンやライオン、イボイノシシなどの野生動物が描かれているのもアンゴラらしいところ。 今週もモーリス産駒の勢いが止まりそうにない。 美浦坂路で入念に乗り込まれ、今週は4ハロン53秒0-12秒5で古馬と併入。 10頭がデビューしたものの、【0. 6】の成績にとどまっている。 ランフォザローゼス(青葉賞2着)、レッドルレーヴ(フラワーC2着)の兄姉も管理する藤沢和調教師は「素軽くていい動きをする。 「ここまで(28日現在)2歳リーディングサイアーで賞金1位になるなど、順調な船出となっているモーリスですが、産駒は総じて末脚に切れがないパワータイプの印象です。 今のところ期待を大きく下回る活躍しかできていないモーリス。

もっと

カランドゥーラが丸わかり!競走馬データベース

だが、同厩のアークライトが回避を発表したため、急遽出番が回ってきた。 初戦から態勢は整っている。 早くから大きな注目を集めたものの、ブエナビスタとの間に誕生した「12冠」ベビー・ブエナベントゥーラが、圧倒的に支持された新馬戦で2着に終わるなど、未だ勝ち上がりは0。 これから続々とモーリス産駒がデビューするに連れて、本当の傾向も見え、向いている条件なども判明してくると思います。 バスコ・ダ・ガマをはじめ、英雄たちの銅像が建ち、戦車や大砲、ヘリの残骸なども展示されています。 今後デビューを控えるモーリス産駒の指針となるような走りを見せてもらいたいですね」(競馬記者) 元々、カランドゥーラは今週デビューの予定はなかった。

もっと