パール 判事。 東京裁判!南京事件とパール判事とは?わかりやすく説明!

パール判事【誤られた歴史は、書き換えられねばならぬ】日本を取り戻すため、

講談社版パル判決書下 671ページ• この中でパールは、日本の戦争を一方的な侵略戦争とは断定できないとしている 三部 証拠および手続きに関する規則の検討 四部 訴追事由の一つである「」論の否定 五部 裁判の管轄権。 インド政府からの返信はなく、ついにパールはウェッブ裁判長に辞任の意向を伝える。 パールは、世界が永久的な平和の方向に進んでいないように見える国際社会の厳しい現実を見据えながら、広島・長崎の市民にもしっかりと説く。 『パル判事』、2011年2月• … 右の証人はいずれもわれわれに対して、南京において犯された残虐行為の恐ろしい陳述をしたのである。 戦争が犯罪でないというなら、なぜ日本とド イツの指導者のみを裁いたのか。 また彼は、非暴力によるガンディーの思想や運動に共鳴する、ガンディー主義者であった。

もっと

東京裁判!南京事件とパール判事とは?わかりやすく説明!

なぜ(中島は)それを法実証主義者として語っているのか理解に苦しむ、とした。

もっと

東京裁判のパール判事とは?

しかしその証拠を曲説とか、誇張とかを感ずることなく読むことは困難である。 にカッタのプデン・カレッジにおいて理試験に合格して賞を受賞し、翌年にはしたカッタで理学を取得するなど若い頃から非常に優秀であり、10年には連合州の院生として就職し、翌年にはカッタ・をした。 彼はさきに発した命令の厳重な実施を命じ、城内にある軍隊を城外に出すことを命じた。 自慢できることだ。 「正論」10月号 53P• 南京暴行事件に関する2名の主な証人は許伝音とジョン・ギレスビー・マギーとである。 また、戦争の遠因となった人種差別問題の観点に触れつつ、「最初の原子爆弾の実験台として、決して彼ら(米英)は白人国を選ぶようなことはしなかったであろう」と述べた。 東西対立が激化する中、インドネシア独立戦争の泥沼化や朝鮮戦争の長期化を解決できない国連の脆弱性を批判した。

もっと

パル判事の判決(6.8.1)

この中では以前の案件を扱うことは事後法となり、管轄権を侵害しているとしている 六部 厳密な意味での戦争犯罪の検討。 張作霖爆殺事件から日米開戦に至るまで、指導者による共同謀議が存在したと言う主張である。 しかし、その"通例の戦争犯罪"をその指導者にまで訴追できるか 責任があるか と言う点についは、あくまで被告の個人責任を追求すべきと言う立場を明示する。 また、終戦60周年の6月にはにも同様の顕彰碑が建立された。

もっと

パール判事の日本無罪論

責任は当に人間と云ふ機関に在る」など、日本国家ではなく「責任は個人にあり」という方針が再確認されたとする。 1997年 11月20日 インド独立50周年を記念し、昭和の杜内にパール博士顕彰碑を建立。 『』2007年9月5日• 15章「パールは反共主義者だったのか? 東京裁判に判事を派遣できるかどうかは、インドの国際的地位と国家の威信、名誉に関わる問題だった。 日本が日露戦争で勝利したときパルは、同じアジアの同胞が白人の侵略主義にはじめて勝利を得た、と歓喜したという。 これが、「平和に対する罪」訴追の根幹をなす主要素である。

もっと

パール博士顕彰碑

インド [ ] パール意見書は、当時のインド政府の意思と一致していたわけではなかった。 … 弁護側は、南京において残虐行為が行なわれたとの事実を否定しなかった。 彼らは単に誇張されていることを愬えているのであり、かつ退却中の中国兵が、相当数残虐を犯したことを暗示したのである。 戦勝国、敗戦国を問わず、双方の犯罪を裁くべきである。 。

もっと

パール判事/唯一理性的だった判事 【賢者の説得力】

にインド連合州会計院書記生として就職した。 弁護側は、南京において残虐行為が行なわれたとの事実を否定しなかった。 彼は、国連の存在そのものを否定したわけではないが、人類の基本理念を共有する国際機構の早急な確立と、宗教的真理に基礎付けられた国際法による秩序の維持を推進しなければならない、と訴える。 また、各地で、戦争の全期間を通じて、異なった地域において日本軍により、非戦闘員にたいして行われた残虐行為の事例を示し、「主張された残虐行為ののような性格は否定しえない 」と述べ、「これらの鬼畜行為の多くのものは、実際行われたのであるということは否定できない 」と主張した後、「しかしながら、これらの恐るべき残虐行為を犯したかもしれない人物は、この法廷には現れていない。 ベンガルの人、パルは東京裁判でインド代表の判事でしたが、パルの主張は判事団の中では少数意見です。 … 松井大将が部下の参謀とともに上海に帰還した後、大将は南京において日本軍の不法行為がある旨の噂を再び聞いた。

もっと

パール判事の日本無罪論

… 司令官は軍の軍規風紀の実施のために与えられている機関の有効な活動に当然依存し得るのである。 「諸君」2008年1月号の論文• 彼は裁判の中で一論を唱えたことで有名である。

もっと

ラダ・ビノード・パルとは (ラダビノードパルとは) [単語記事]

パール判決の所謂"日本無罪論"が一人歩きをしていたせいもあって、パール博士はしばしば誤解を伴って歓迎された。 彼は、インド政庁の法律顧問を務めた後、カルカッタ高等裁判所の判事に任命された。 ラダノビード・パール博士は、1868年インドベンガル州生まれ。

もっと