スウェーデン コロナ 対策 集団 免疫。 誤解されたスウェーデン「コロナ対策」の真実 「集団免疫戦略」ではなく、「持続可能性」を重視

スウェーデンの新型コロナウイルス対策が「完全なる失敗」に終わったと言える理由

この規定を政府や政治家が忠実に守っている。 続報があればお伝えしたい。 最新の研究で、 突然変異でウイルスの毒性が高まった事が明らかになってきました。 また労働者を簡単に解雇できないこともあって、介護者の3割は安い時給で働くパートタイマーで、その多くが移民であり、感染しても収入を得たいために欠勤しなかったという カロリンスカ大学病院医師・宮川絢子氏「現地在住医師の目からみたスウェーデンの新型コロナ対策」<NIRA総研>を参照いただきたい。 感染防止対策が長期化したため、自粛ムードにも緩みが出始めている。

もっと

スウェーデン・コロナ対策責任者「マスク着用は解決にならない」 「集団免疫」は否定

経済を優先させてロックダウンを行わなかったにもかかわらず、経済的な被害が大きいという状況を見ると、スウェーデンのCOVID-19対策は失敗だと考えるのが自然に思えます。 いわば「部分的なロックダウン」といえる対策を継続しているとも言える。 若者たちに感染させ高齢者を隔離すれば、高齢者たちに感染させないで集団免疫ができ、経済も回せるという説は、まったくの愚説だった。

もっと

なぜスウェーデンは、コロナ感染者数が突出して少なくなったのか?

強制措置ではなく国民への推奨によって行動変容を促す政策に、国民は理解を示し、自主的に従っている。 ロックダウンしない独自路線で内外から批判を浴びた割には、スウェーデンは人口あたりの新型コロナウイルスの死者数がロックダウン組のベルギー・西・伊・英・仏・蘭より低水準で、WHOコロナ対策本部のマイク・ライアン医師も「ポストコロナのニューモデル?」と手のひらを返したように注目をはじめています。 また死者の約9割は70歳以上だったそうです。 しかし、16歳までの子供は学校に通学しており、商店やレストランも営業している。 そのため、国民や社会が耐えられるような対策をとっている。

もっと

スウェーデン・コロナ対策責任者「マスク着用は解決にならない」 「集団免疫」は否定

死者の9割は70歳以上であり、その5割が介護施設に居住していた。 ノルウェーは3月中旬から1か月ほど全ての幼稚園・保育園や教育機関を閉めていたが、段階的に学校を再開している。 国民の移動の自由、専門家の意見の尊重、地方分権といった法律上の規定、共稼ぎ社会といった社会構造、政府に対する国民の信頼度の高さ、自主性を尊重する国民性などである。 ロックダウンで罰則に縛られなくても、スウェーデン人は責任感で政府のガイドラインを守っているとは述べる。 集団免疫とは コロナの感染を終息させるためには、 集団免疫を獲得する必要があると言われています。 新型コロナに感染した事がない人でも、過去に別のコロナウイルスに感染した事があれば、「 メモリーT細胞」と呼ばれる細胞が、新型コロナを を撃退してくれる様なのです。 スウェーデンがウイルス感染を拡大させたという認識が広がっているが、真実ではない。

もっと

スウェーデンのコロナ戦略は失敗か 死者数は急速に減少

だが、死者が多かった背景としては、むしろ介護システムの問題が大きかったと考えられる。 平時においても患者の治療にあたる医師が「その患者の予後」を考えた上で、必要な治療を決めることに対する国民的コンセンサスの存在もある。 それではロックダウンを行っていないのに、 武漢以外でコロナ感染が何ヶ月も広がらなかったのは何故でしょうか。 北欧諸国の幸福度を高くする要素を、レポートでは 「北欧の幸せ」(Nordic Happiness)と表現している。 参考;「 」、ほか 編集部. これまでのコロナ対策については何度も書いてきたので、いまさら同じようなことを書くのは気恥ずかしいほどだが、日本には集団免疫が感染を止めてくれるという誤った認識が広がっており、さらには、日本人にはすでに集団免疫があるなどという荒唐無稽な説が一定の支持を得ている。 8歳で、EU最年少。

もっと

誤解されたスウェーデン「コロナ対策」の真実

ロックダウンで高齢者施設への感染拡大を抑えることができたかどうかは疑問だ」と答えた。

もっと