回復 期 リハビリテーション 病棟 施設 基準。 回復期リハビリテーション病棟の施設基準|京都大原記念病院

一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会

(8)回復期リハビリテーションを要する状態及び算定上限 日数別表第九に掲げる状態及び日数 (9)休日リハビリテーション提供体制加算の施設基準 休日を含め、週七日間リハビリテーションを提供できる体制を有していること。 (6) 回復期リハビリテーション病棟入院料5の施設基準 イ リハビリテーションの効果に係る実績の指数が三十以上であること。

もっと

回復期リハビリ病棟「体制強化加算1」の専従者の取扱い【厚生局の回答】

(答)退院後、社会福祉施設、身体障害者施設等(短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護、短期入所療養介護又は介護予防短期入所療養介護を受けているものを除く)、地域密着型介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、特定施設、指定特定施設、指定地域密着型特定施設及び指定介護予防特定施設に限る)、グループホーム(認知症対応型グループホーム)、有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅などに入居する者が含まれる。

もっと

2022年度診療報酬改定に向け「回復期リハビリ病棟」のリハビリについて包括評価を検討せよ―日慢協・武久会長

ハ 当該病棟に在宅復帰支援を担当する専任の常勤の社会福祉士等が一名以上配置されていること。 ただし、平成30年3月31日において現に回復期リハビリテーション病棟入院料に係る届出を行っている保険医療機関については、平成31年3月31日(許可病床数が50床未満又は1病棟のみを有する保険医療機関においては、平成32年3月31日)までの間に限り、当該基準を満たしているものとみなすものであること。

もっと

地域包括ケア病棟とは?回復期リハビリ病棟との違いを徹底比較!

余裕をもってご登録くださいますようお願いいたします。 ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員が本文に規定する数に相当する数以上である場合には、当該病棟における夜勤を行う看護職員の数は、本文の規定にかかわらず、 2以上(回復期リハビリテーション病棟入院料3から6までであって、看護補助者が夜勤を行う場合においては看護職員の数は 1以上)であることとする。

もっと