大阪 府 健康 医療 部 藤井 睦子。 大阪府/健康医療部

役員紹介

地域包括ケアシステムの構築や地域医療構想における病床機能の変換、勤務医の働き方改革の問題、新専門医制度、さらには新型コロナウイルス感染症という未曽有の課題が浮上するなど、病院を取り巻く状況は一段と厳しさを増しております。 平成25年に一般社団法人と認定され現在に至っています。 それが総合力を徹して体制を整えなければならないと思います。 - 4月、事務局教育次長• 4月、大阪府庁に戻り健康医療部部長。 ブログ 検索• 日本全国のブログ 1. 「凄く急いで作ったシステムが多い。

もっと

吉村府知事の“名参謀”大阪のコロナ対策支えるスーパーウーマンは「いくつになってもチャレンジ」― スポニチ Sponichi Annex 社会

また、会員病院職員への教育と研修、看護専門学校や学会運営を通して医療従事者の質的向上を今まで以上に図ってまいります。

もっと

吉村知事が“緊急要請”…医療機関に協力求める 大阪府医師会「必要だが簡単には…」

- 4月、理事兼本部事務局長• モデレーター 桃山学院教育大学教授 中村 浩也 (プロフィール) 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科単位取得満期退学。 また、地域や人、企業をめぐる課題は「点」ではなく、相互のつながりの中で考えていくべきだと思います。

もっと

藤井睦子

最大限の努力をする」と強調した。 博士(教育学)。 大阪府下の医療体制の最適化を図っていくべき。 大阪府の現場トップである大阪府健康医療部の藤井睦子部長は、11月26日にMBSの取材に対し、医療体制ひっ迫への危機感からこれまでコロナ患者を受け入れていなかった病院にも協力を求める考えを示しました。 - 4月、総務部人事課• 企画室では知事の政策決定支援や広報支援の仕事をしました。 初めての医療分野でしたが、病院現場のダイナミズムを実感しながら、本を読み漁ったり他病院を見学するなどして勉強しました。 専門家の間ではインフルエンザの流行と同じ冬に再拡大し、より深刻な事態になる恐れが指摘される。

もっと