新型 コロナ ウイルス の 3 つの 顔 を 知 ろう。 新型《しんがた》コロナウイルスの3つの顔《かお》を知《し》ろう!

【青少年赤十字指導者の皆様へ】~新型コロナウイルスを正しく解説~子どもたちの心と体を守るためにご活用ください!|トピックス|青少年赤十字|活動内容・実績を知る|日本赤十字社

環境省 かんきょうしょう• 不安 ( ふあん )の 中 ( なか )では、 冷静 ( れいせい )な 判断 ( はんだん )ができなくなってしまいます。 全国に約22万人いる青少年赤十字指導者のご協力により、青少年赤十字に加盟する、全国の1万4千校、340万人の青少年赤十字メンバーのさん一人一人が、今何ができるのかを考え、感染拡大を防ぐためできることを実行していきましょう。 1 ( ひと ) 人 ( り )の 専門 ( せんもん )家 ( か )だけの 考 ( かんが )えをもとに つくっている 可能 ( かのう )性 ( せい )があるからです。 今 ( いま )、 SNSなどで 広 ( ひろ )まっている デマやうわさの 中 ( なか )には、 いかにも 信頼 ( しんらい )できる 発信 ( はっしん )元 ( もと )からの 情報 ( じょうほう )であるかのように 書 ( か )かれているものがあります。 息切れ、激しい咳、高熱が続きます。 新型 ( しんがた )コロナウイルスに 感染 ( かんせん )した 芸能 ( げいのう )人 ( じん )などが、 謝 ( あやま )っているのを 見 ( み )ますが、 感染 ( かんせん )した 人 ( ひと )が 悪 ( わる )いわけではないので、 謝 ( あやま )る 必要 ( ひつよう )はありません。

もっと

【青少年赤十字指導者の皆様へ】~新型コロナウイルスを正しく解説~子どもたちの心と体を守るためにご活用ください!|トピックス|青少年赤十字|活動内容・実績を知る|日本赤十字社

このことから、 みんなが、 「3つの 密 ( みつ )」を 避 ( さ )ければ、 複数 ( ふくすう )の 人 ( ひと )にウイルスをうつしてしまう 例 ( れい )を 減 ( へ )らすことができ、 結果 ( けっか )的 ( てき )に、 感染 ( かんせん )者 ( しゃ )を 減 ( へ )らしていけると 考 ( かんが )えられています。 教材を使い「新型コロナウイルスの3つの顔」について学んだ後、「振り返りシート」でより深く学ぶことができます。 ウイルスに 強 ( つよ )い 消毒 ( しょうどく )剤 ( ざい )は、 人 ( ひと )の 健康 ( けんこう )にも 良 ( よ )くないことが 多 ( おお )いからです。 特 ( とく )に、この3つの 条件 ( じょうけん )が 重 ( かさ )なると、 飛沫 ( ひまつ )感染 ( かんせん ) (または 直接 ( ちょくせつ )の 接触 ( せっしょく )による 接触 ( せっしょく )感染 ( かんせん ))による 集団 ( しゅうだん )感染 ( かんせん )が 起 ( お )こりやすいと 考 ( かんが )えられます。

もっと

ウイルス感染を防ぐごみの出し方は?/小学生のための環境リサイクル学習ホームページ

。 待 ( ま )っている 間 ( あいだ )に 自分 ( じぶん )や 大切 ( たいせつ )な 人 ( ひと )が 感染 ( かんせん )しないために、 また、 感染 ( かんせん )してしまう 人 ( ひと )を 少 ( すこ )しでも 減 ( へ )らすために、 もし 感染 ( かんせん )したとしても、 亡 ( な )くなってしまう 人 ( ひと )を 少 ( すこ )しでも 減 ( へ )らすために、 私 ( わたし )たちにできることをするだけです。 ウイルスは 目 ( め )に 見 ( み )えないからです。 新型 ( しんがた )コロナウイルスは 症状 ( しょうじょう )のない 感染 ( かんせん )者 ( しゃ )も 多 ( おお )いといわれていることから、 自分 ( じぶん )が 感染 ( かんせん )していた 場合 ( ばあい )、 ほかの 人 ( ひと )にうつさないために、 マスクをする 必要 ( ひつよう )があります。 Q5 ウイルスがただよっている 空間 ( くうかん )を 消毒 ( しょうどく )することはできるか? ウイルスが 空間 ( くうかん )にただよっていると、 感染 ( かんせん )のリスクが 高 ( たか )まります。 ただし、 そのデータや 事実 ( じじつ )をもとに 発表 ( はっぴょう )されたものが、 全 ( すべ )て 正 ( ただ )しいとは 限 ( かぎ )りません。

もっと

新型《しんがた》コロナウイルスの3つの顔《かお》を知《し》ろう!

有効な薬はないため、患者さんは耐えるしかありません。 ただし、 県内 ( けんない )で 新 ( あたら )しい 感染 ( かんせん )者 ( しゃ )が 出 ( で )なくなってきても、 しばらくは 感染 ( かんせん )者 ( しゃ )がゼロになることはありません。 昔 ( むかし )は、 わからないことの 多 ( おお )くは 「 妖怪 ( ようかい )のせい」にして 終 ( お )わっていたのですが、 今 ( いま )は、 わからないことに、 それらしい 理由 ( りゆう )をつけて デマやうわさが 広 ( ひろ )まってしまいます。 症状 ( しょうじょう )のない 感染 ( かんせん )者 ( しゃ )も 多 ( おお )いため、 収 ( おさ )まってきたからといって、 油断 ( ゆだん )すると、 また 感染 ( かんせん )者 ( しゃ )が 増 ( ふ )えてしまいます。

もっと

道徳《どうとく》新型《しんがた》コロナウイルスの3つの顔《かお》

症状が出る場合も大半の人では咳や発熱などの軽症で終わります。

もっと

【青少年赤十字指導者の皆様へ】~新型コロナウイルスを正しく解説~子どもたちの心と体を守るためにご活用ください!|トピックス|青少年赤十字|活動内容・実績を知る|日本赤十字社

医療崩壊です。

もっと

【青少年赤十字指導者の皆様へ】~新型コロナウイルスを正しく解説~子どもたちの心と体を守るためにご活用ください!|トピックス|青少年赤十字|活動内容・実績を知る|日本赤十字社

特 ( とく )に、 アルコールに 弱 ( よわ )い 方 ( かた )は、 無理 ( むり )にアルコール 消毒 ( しょうどく )をせず、 丁寧 ( ていねい )な 手洗 ( てあら )いをするほうが 良 ( よ )いですね。 しかし新型コロナウイルス肺炎のように急激に悪化し亡くなる方は少ないです。 毎冬、日本だけで1千万人くらいの患者が発生し、インフルエンザがきっかけで1万人程度が亡くなっていると考えらていますが、人工呼吸器が不足したり、医療崩壊が起こったことはありません。 「コロナウイルス」は、 この「コロナ」に 形 ( かたち )が 似 ( に )ていることから つけられた 名前 ( なまえ )です。

もっと