給与 所得 者 の 特定 支出 に関する 明細 書。 サラリーマンでも節税!スーツ・研修・本代を特定支出控除にする方法

サラリーマンにも経費があるの?給与所得者の特定支出控除制度について

通勤費や資格取得費、交際費も特定支出になる 新幹線通勤をしている方や、単身赴任の帰郷旅費を自己負担している方は、会社補助額を超えた金額が特定支出となります。 領収書等は上記「給与所得者の特定支出に関する明細書」の所定の欄に貼り付けます。 (3)研修費 仕事をするうえで直接必要となる、技術や知識を習得するための研修費用です。 運賃、時間、距離その他の事情に照らして、最も合理的・経済的な経路・交通手(運賃・料金)であること• 資格取得費• 認められるのは1ヶ月に4往復までです。 2 給与所得の金額は、その年中の給与等の収入金額から給与所得控除額を控除した残額とする。 告書と同様に国税庁のwebサイトにアップロードされています。 特定支出に関する明細書 特定支出の明細を記入したり、控除額を求めるための専用の明細書で、必ず提出しなければならない書類です。

もっと

特定支出控除とは? 計算方法と特定支出となる経費について解説 [労務管理] All About

通勤費:新幹線代など• 特定支出控除は、 会社は業務に必要と認めるのだけれど、費用はサラリーマン自らが自己負担している(会社は払ってくれない)費用が対象になります。 交際費- 職務上関係のある者に対する接待、供応、贈答のための支出です。 勤務先が証明した「特定支出 帰宅旅費 に関する証明」がある• 知識として知っておくことはとても大切です。 2016年(平成28年)以降は、給与等の収入金額の区分がなくなったことに気を付けておきたいですね。 帰宅旅費• 制服、事務服、作業服その他の勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための費用(衣服費)• 6 単身赴任などの場合で、その者の勤務地又は居所と自宅の間の旅行のために通常必要な支出 帰宅旅費• また、転勤の際に、会社から転勤一時金が交付された場合には、転居にかかった費用から転勤一時金を差し引いた金額が特定支出(転勤に伴う転居費)となります。

もっと

単身赴任すると減税になる?特定支出控除を知らないのは罪!

そのため、会社員には必要経費に対する控除がありません。

もっと

特定支出控除で会社員も経費申告 経理に求められる対応とは?

特定支出の対象になる領収書• 3項目合計で65万円を上限に、特定支出控除の適用範囲として認められます。 通常、会社員は所属している会社が経費負担をするのが一般的です。 (図出典:国税庁HP) 特定支出控除がある場合の「給与所得」は、つぎの順序で計算します。 授業料などの対象期間が年をまたぐ場合はそれぞれの年に対応する部分を特定支出としますが、入学金は支出した年の特定支出とします。

もっと

「給与所得者の特定支出控除」とはどのような制度か?

(参照)国税庁 給与所得者の特定支出控除に関する証明書の様式等の制定について 経理担当者の注意点まとめ 特定支出控除を求める社員への対応において、経理担当者が注意すべき点は、次のようなことが考えられます。

もっと

特定支出控除とは?必要な証明書、計算方法など分かりやすく解説!

2 申告書第二表 「特例適用条文等」欄に「所法57の2」と特定支出の合計額を記入します。 転居費用• 是非、ご参考ください。 鉄道・船舶・自動車を利用する場合は、一つの旅客運送事業者(JR・各種私鉄など)ごとの運賃・料金の額が 15,000 円未満であれば省略できます。 復興特別所得税と再差引所得税額の合計を「所得税及び復興特別所得税の額」に記入します。 必要事項を記入後、会社で証明書欄に記入と捺印をしてもらってください。 (4)資格取得費• )で、その支出がその者の職務の遂行に直接必要なものとして給与等の支払者より証明がされたもの(勤務必要経費)• 自分の給与所得控除を知る 該当する給与所得控除額は、給与等の年間の収入額に応じて異なります。

もっと

サラリーマンにも経費があるの?給与所得者の特定支出控除制度について

しかし、会社員も仕事をするうえで通勤にかかる交通費やスーツ代、取引先への接待や贈答による交際費など経費が発生します。

もっと